時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,185,022億円
  • 東証2部 70,843億円
  • ジャスダック 93,128億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.38倍14.27倍
株式益回り6.95%7.00%
配当利回り2.00% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,558.01 +106.15
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,580 +120

[PR]

国内株概況

東証10時 底堅い 米株先物の上昇が支え、コロプラは急落

2019/6/24 10:15
保存
共有
印刷
その他

24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は底堅い。前週末比50円ほど安い2万1210円近辺で推移している。一時は5円高の2万1264円と上昇に転じた。日本時間24日午前のシカゴ市場で米株価指数先物が上昇しており、米株式相場の先高観から日本株にも散発的な買いが入った。もっとも外国為替市場での円高・ドル安や米中対立を巡る先行き不透明感は引き続き相場の重荷で、上値を試す動きもみられない。

24日9時11分ごろ、東京都や千葉県など関東地方で震度4を観測する地震があった。地震発生直後に日経平均が小幅ながら下げ幅を広げる場面があったが、売りは続かず地震の株式相場への影響は総じて限定的だった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で4410億円、売買高は2億6499万株だった。

従業員が自社ゲームのセールスランキングを操作するため不適切な取引をしていたと発表したコロプラが急落。サイバーユニファミマ住友不が下落している。任天堂パナソニックも下げている。一方で第一三共オービックマキタが上昇。東レSBIツルハHDも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム