2018年5月21日(月)

5/21 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  2. 2位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  3. 3位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]
  4. 4位: 日本株にも「一帯一路」の波 商社や建機、買い材料に[有料会員限定]
  5. 5位: 三菱商事、最高値に必要な「見える化」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,823,115億円
  • 東証2部 99,303億円
  • ジャスダック 113,945億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率15.18倍15.63倍
株式益回り6.58%6.39%
配当利回り1.57% 1.60%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

国内株概況

東証10時 下落に転じる、一時100円安 GDPも重荷

2018/2/14 10:27
保存
共有
印刷
その他

 14日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下落に転じた。下げ幅は一時100円を超え、2万1100円台前半を付けた。朝方は前日の米国株の上昇を好感して100円高となる場面があったが、買い一巡後は戻り待ちの売りが優勢だ。外国為替市場での円高進行を警戒し、買いを見送る投資家も多い。

 取引開始前に内閣府が発表した2017年10~12月期の実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったのも心理的な重荷になっている。住宅投資が落ち込んだことから、住宅関連株の一部で下げが目立つ。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)もそれぞれ下落に転じた。10時現在の東証1部の売買代金は概算で8042億円、売買高は4億4596万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1268、値上がりは699、変わらずは95銘柄だった。

 富士フイルムHOYAが下げ幅を拡大。朝方は買いが集まった楽天が下落に転じた。一方、資生堂が昨年来高値を更新した。東エレク住友鉱も高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム