11/30 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,786,647億円
  • 東証2部 68,796億円
  • ジャスダック 101,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.64倍27.38倍
株式益回り4.61%3.65%
配当利回り1.83% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,657.18 +12.47
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,670 +40

[PR]

国内株概況

東証10時 方向感乏しい、新規材料なく 商いは低調

2020/8/24 10:23
保存
共有
印刷
その他

24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は方向感が乏しい展開。前週末の終値(2万2920円)を挟み小幅な範囲で推移している。新規の取引材料がみられず、持ち高を一方向に傾ける投資家は少ない。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅安だ。

オプション市場の商いも低調という。市場では「27~28日に米カンザスシティー連銀が主催する経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控え、海外短期筋のオプション取引は盛り上がっていない」(国内銀行の株式運用担当者)との声が聞かれた。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5021億円、売買高は2億5823万株だった。

任天堂シスメックスダイキンが上げている。クボタユニチャーム小野薬が上昇している。一方、住友電住友不ブリヂストンが下げている。ファナックや日立、アサヒが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム