/

東証10時 上げ幅拡大、決算の予想超え銘柄に買い

4日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅をやや広げ、前日比330円ほど高い2万2500円台前半で推移している。外国為替市場で円相場が1ドル=106円台前半で推移。前週に進んだ円高・ドル安の流れに一服感が出てきたとして、短期勢の投資心理を上向かせている。

「強い上昇モメンタムの背景には、決算内容が市場予想を上回るケースが続いていることがある」と野村証券の小高貴久エクイティ・マーケット・ストラテジストは指摘する。例えばストップ高まで上昇したキッコマンは、3日発表の2020年4~6月期の連結営業利益が前年同期比7%減。だが、市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(22日、7社)より2割上回った。投資家の視線は、業績の前年割れは前提として、市場予想と比べての強弱に移っているという。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で8136億円、売買高は4億4111万株だった。

マルハニチロが2桁上昇。京王小田急も高い。半面、19年3月期の税務申告で約400億円の申告漏れを指摘されていたと報じられたソフトバンクGが売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン