9/27 17:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

国内株概況

東証10時 一時100円高 小売株に買い

2020/6/24 10:28
保存
共有
印刷
その他

24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一時上げ幅を100円あまりに広げ、2万2600円台半ばを付けた。前日に月次売上高の急回復が明らかになった小売株を中心に買いが入っている。約2カ月半ぶりに再開した新規株式公開(IPO)は、マザーズ市場に上場した3銘柄に買いが殺到。個人の投資心理が改善していることも、相場の下支え要因となっている。一方、外国為替市場での円高・ドル安進行は重荷だ。

「国内小売り各社の直近の堅調な月次売上高は支えとなっているが、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念は強い」(ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘シニアアナリスト)との声があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6020億円、売買高は3億3859万株だった。

ファストリニトリHDしまむらが高い。エムスリーテルモも買われている。一方、ソフトバンクグループ(SBG)、富士フイルムアステラスは軟調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム