/

東証10時 一段高 米株先物の上昇が追い風

24日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段高となり、前週末比650円ほど高い2万6100円台後半で推移している。新型コロナウイルスのワクチンの早期普及で世界的に経済活動の正常化が進むとの期待が投資家心理を強気に傾けている。米株価指数先物が上昇していることも追い風となっている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で9585億円、売買高は4億5687万株だった。

個別では日電産ファナック信越化東エレクが高い。エムスリーOLCトヨタ丸紅も買われている。一方、ANAHDが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン