8/22 18:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,726,415億円
  • 東証2部 67,923億円
  • ジャスダック 86,077億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.32倍13.15倍
株式益回り7.50%7.60%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,628.01 +9.44
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,620 +50

[PR]

国内株概況

東証10時 堅調 米、ファーウェイへの販売許可報道に期待

2019/7/23 10:25
保存
共有
印刷
その他

23日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日から180円ほど高い2万1600円前後で堅調に推移している。上げ幅を200円超に広げる場面もあった。トランプ米大統領が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可に同意するとの報道を受け、同社に対する制裁が緩和に向かうとの期待から短期スタンスの投資家が株価指数先物などに買いを入れ、現物株指数を押し上げている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版によると、トランプ氏は22日のクアルコムやインテル、グーグルなどテクノロジー企業の最高経営責任者(CEO)らとの会合で「CEOらがファーウェイの販売ライセンス付与に関して時宜を得た決定を求め、同意した」という。京セラTDKなど電子部品株に買いが増えたほか、東エレクなど半導体関連株も上昇しており、相場の支えとなっている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5172億円、売買高は3億1568万株だった。

ソフトバンクグループ(SBG)やファナックが上げ幅を広げている。商船三井川崎汽など海運株も高い。一方、ダイキンオリンパスが下落。NTTデータ丸井Gが下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム