時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,521,749億円
  • 東証2部 75,154億円
  • ジャスダック 98,661億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.94倍
株式益回り6.59%6.26%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,994.59 +569.78
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

[PR]

国内株概況

東証10時 急速に下げ渋る 「国内勢が押し目買い」との見方

2019/12/3 10:16
保存
共有
印刷
その他

3日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は急速に下げ渋っている。前日比170円ほど安い2万3300円台半ばと、安い水準ながらきょうの高値圏で推移している。前日の米株式相場の下落を受けた売りで朝方は下げ幅を340円超まで拡大したが、25日移動平均(2日時点、2万3228円)を下回る水準では根強い先高観を背景にした押し目買いが入り、その後も買いが優勢になっている。

底堅さを受け、株価指数先物の売り方による買い戻しも入っているとみられる。市場では「これまでの上昇相場で持ち高を減らしていた国内の投資家が買いを入れているようだ。下落局面を待っていた投資家も多く、相場を支えている」(東海東京調査センターの鈴木誠一チーフエクイティマーケットアナリスト)との声があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5813億円、売買高は3億4306万株だった。

オークマ太陽誘電ソフトバンクGなどへの売りが目立つ。エーザイ大日本住友が安い。野村ディーエヌエソニーなどが上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム