/

東証10時 一進一退 景気敏感が支え、「割安感に着目」の声

3日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日終値(2万0620円)を挟んで一進一退となっている。米中貿易摩擦の激化を警戒した売りが出るなか、海運や鉄鋼、自動車といった景気敏感株への買いが相場の支えとなっている。市場では「相場は米中貿易摩擦や米追加利下げをかなり織り込んだ水準となっており、下げる場面では割安感に着目した買いも入りやすい」(野村証券の若生寿一エクイティ・マーケット・ストラテジスト)との声が聞かれた。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で3446億円、売買高は2億1414万株だった。

トヨタホンダコマツが高い。三井物住友商も上昇している。一方、ファナックファストリが安い。村田製高島屋が下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン