時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,177,097億円
  • 東証2部 71,042億円
  • ジャスダック 92,947億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.36倍14.25倍
株式益回り6.96%7.01%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,492.68 +40.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 ±0

[PR]

国内株概況

東証10時 軟調 中国株の下げを警戒

2019/9/2 10:17
保存
共有
印刷
その他

2日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前週末比70円あまり安い2万0600円台前半と軟調に推移している。米中の関税報復合戦の激化から、中国・上海や香港株式相場の下落を警戒した売りが株価指数先物に出ている。設備投資関連株への売りも引き続き相場の重荷となっている。

非鉄金属や海運などは上昇している。中国の経済指標の悪化は同国政府の景気刺激策の拡大につながるとの思惑がある。日本でも「10月の消費増税後の追加の補正予算などに期待が高まりやすい」(国内証券のストラテジスト)との声がある。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で4366億円。売買高は2億6792万株だった。

ファナック安川電が下げている。テルモオムロンが安い。一方、武田と中外薬が高い。バンナムHDコナミHDが上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム