時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,548,975億円
  • 東証2部 75,345億円
  • ジャスダック 99,314億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.23倍16.01倍
株式益回り6.56%6.24%
配当利回り1.88% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,410.19 -20.51
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,450 +10

[PR]

国内株概況

東証10時 じり高 円安基調で投資心理がやや上向く

2019/11/12 10:14
保存
共有
印刷
その他

12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はじり高。前日比50円ほど高い2万3300円台後半で推移している。円相場が1ドル=109円台前半と円安・ドル高基調で推移しており、投資家心理がやや上向いている。香港情勢の悪化は株式相場の重荷だが、市場では「米中協議を通じて米国が12月に予定する追加関税を見送るとの期待は根強く、押し目買い意欲は強い」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との声があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6093億円、売買高は3億9153万株だった。

アルプスアルコニカミノルが高いほか、ファミマ三越伊勢丹も上昇している。三井金は大幅安。大平金住友鉱も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム