2018年11月20日(火)

11/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日産自株、私設取引で3%安 東京地検特捜部がゴーン会長を事情聴取との報道[有料会員限定]
  2. 2位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  3. 3位: クジラが買う脱炭素銘柄 弱気相場の支え期待[有料会員限定]
  4. 4位: 落日GE、もろ刃の効率経営(一目均衡)
  5. 5位: 市場予想との乖離率 ソニーや京セラが上振れ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,166,928億円
  • 東証2部 87,090億円
  • ジャスダック 94,640億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率13.69倍13.77倍
株式益回り7.30%7.25%
配当利回り1.79% 1.86%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

国内株概況

東証10時 じり安、上値重く先物に売り ファストリは一時下げに

2018/9/12 10:22
保存
共有
印刷
その他

12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はじりじりと水準を切り下げている。前日比70円ほど安い2万2600円前後で推移している。相場全体の上値が重いとみた短期スタンスの投資家が株価指数先物に断続的な売りを出し、現物株指数の重荷となっている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下げ幅を広げている。

ファストリファナックといった日経平均の寄与度が大きい値がさ株の一部は朝高後、下げに転じる場面があった。市場では「目先は日経平均が2万2000~2万3000円の値幅で推移すると見込む投資家が多く、上値の重さが意識されると先物などを中心に売りが出やすくなっている」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との声が聞かれた。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6127億円、売買高は4億92万株だった。

半導体関連に加え、トヨタホンダといった自動車株の一部が安い。第三者割当増資などを発表したパイオニアは売りが優勢となっている。一方、原油高が好感され、国際石開帝石などが上昇。ソフトバンクNTTデータが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム