2019年6月19日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,831,071億円
  • 東証2部 70,246億円
  • ジャスダック 85,843億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.67倍13.24倍
株式益回り7.31%7.55%
配当利回り2.11% 2.12%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,321.17 +348.46
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,260 +350

[PR]

国内株概況

東証10時 軟調、短期筋が先物売り ファストリやファナック安い

2018/1/22 10:34
保存
共有
印刷
その他

22日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調に推移している。一時は前週末に比べ110円安の2万3697円まで下げた。ファストリやファナックといった株価指数への影響度が大きい値がさ株が下落している。米政府機関の一部閉鎖など外部環境の不透明感を口実に短期スタンスの投資家が株価指数先物に売りを出し、裁定取引の解消に伴う現物株売りにつながった。

外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半で高止まりしており、輸出関連株に採算悪化を嫌気した売りが出ている。「海外ヘッジファンドから自動車株への売り注文が目立っている」(外資系証券トレーダー)という。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も軟調に推移している。10時現在の東証1部の売買代金は概算で7373億円、売買高は4億6514万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1104、値上がりは836、変わらずは123だった。

丸紅住友商が下げ幅を拡大し、トヨタホンダが引き続き安い。一方、JT任天堂資生堂は上げ幅を広げた。

東証2部株価指数は続伸している。東芝杉村倉が上げ、リミックスとサイステップが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム