2018年12月10日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,115,143億円
  • 東証2部 81,180億円
  • ジャスダック 93,538億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.56倍13.67倍
株式益回り7.37%7.31%
配当利回り1.80% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,219.50 -459.18
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,140 -480

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

12月10日(月)14:18

官房長官「特定企業排除せず」 通信機器調達で[映像あり]

通信機器巡る日本の指針 中国が非難

12月10日(月)13:01

[PR]

国内株概況

東証10時 再び弱含む 一時下げ渋るも世界株安に警戒残る

2018/10/12 10:24
保存
共有
印刷
その他

12日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は再び弱含んでいる。前日比100円程度安い2万2500円前後で推移している。取引開始直後は株価指数オプション10月物などの特別清算指数(SQ)算出に絡んだ売買や売り方の買い戻しなどで荒い値動きとなったが、その後は再び世界的な株安の連鎖を警戒した売りがやや優勢になっている。

日経平均の200日移動平均は12日時点で2万2506円となっており、心理的節目として強く意識されているという。この水準を挟んでの売買が目立っている。市場では「短期的な下値は2万2400~2500円程度になるだろう」(みずほ証券の中村克彦シニアテクニカルアナリスト)との指摘があった。

一方、資生堂やアサヒ、キッコマンといった業績が景気動向に左右されにくい「ディフェンシブ銘柄」を中心に買われており、相場全体を下支えしている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で1兆549億円。売買高は5億3923万株。東証1部の値下がり銘柄数は1137、値上がりは867、変わらずは105銘柄だった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も引き続き安い。

ファストリがやや下げ幅を拡大している。ユニファミマも目先の材料出尽くし感から売りが優勢だ。一方でソフトバンクが高い。ファナック東エレク安川電も押し目買いが入り上昇に転じた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム