時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証10時 方向感乏しい 米指標改善も、需給悪化懸念を意識

2020/7/2 10:15
保存
共有
印刷
その他

2日前場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は前日終値付近の2万2100円台前半で方向感に欠ける展開。米経済指標の改善を受けた買いは入っているが、新型コロナウイルスの感染の再拡大への警戒感に加え、需給悪化懸念も意識されている。一時は売りが勝り、前日比50円安近くまで下げる場面もあった。

7月8、10日に決算を迎える株価指数連動型上場投資信託(ETF)が、分配金捻出を目的にした売りを出すのではとの思惑が強まっている。「今後の需給の悪化を織り込む動きが出ている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6002億円、売買高は3億4792万株だった。

京王小田急、東武が上昇。積ハウス大和ハウスが上げている。一方、SUMCOスクリンTDKが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム