時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証10時 下げ幅縮小 押し目買い、「最悪期は脱している」の見方も

2020/6/22 10:14
保存
共有
印刷
その他

22日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を縮小し、前週末比50円ほど安い2万2400円台前半で推移している。新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念から、取引開始直後に一時166円安まで下げる場面もあった。押し目買いを入れたいと考える個人投資家ら短期筋の動きもあり、その後は下げ渋っている。

経済活動の再開への楽観論が過剰だったことへの反動が起こっていると市場参加者は指摘する。もっとも「最悪期は脱したとの見方が広がっており、今後は感染者数の増加と経済活動の再開を両にらみで続けていくことになると市場はみている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鮎貝正弘シニア投資ストラテジスト)との声もあり、リスク回避姿勢一色となっているわけではないという。

JPX日経インデックス400は反落、東証株価指数(TOPIX)は続落。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で4827億円、売買高は2億7277万株だった。

ヤマハコナミHDバンナムHDが安い。ニチレイキッコマンも下げている。半面、ZHDサイバーが上昇し、日本製鉄神戸鋼も上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム