/

東証10時 上げ幅縮小、米株先物が軟調

2日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日(9月30日終値を10月1日終値と認定)と比べ70円ほど高い2万3200円半ばで推移している。一時は180円高となったが、米株価指数先物が軟調な動きになっており、持ち高調整の売りで上げ幅を縮小している。

市場からは「東証のシステム障害を巡る不安も残っており、積極的に上値を追う雰囲気ではない」(国内証券の投資情報担当者)との見方があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で8143億円、売買高は4億2142万株だった。

個別では東エレクNTTなどが買われている。三越伊勢丹高島屋など百貨店株も高い。一方、武田やダイキン富士通は売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン