1/22 19:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,639,556億円
  • 東証2部 78,235億円
  • ジャスダック 102,781億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.43倍16.33倍
株式益回り6.47%6.12%
配当利回り1.85% 1.85%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,031.35 +166.79
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,020 +160

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

1月22日(水)14:20

東芝子会社の架空取引 別の上場2社も関連[映像あり]

トヨタ 米で290万台リコール エアバッグ不具合

1月22日(水)13:00

[PR]

国内株概況

東証10時 2万3000円手前で膠着 中国PMIの低下は重荷

2019/10/31 10:22
保存
共有
印刷
その他

31日前場中ごろの東京株式市場で、日経平均株価は前日比110円ほど高い2万2950円近辺と心理的な節目の2万3000円を前に膠着している。業績内容が良好と受け止められた銘柄への買いが続き相場を支えている。一方、中国景気の先行き不透明感は投資家心理の重荷になっている。

中国国家統計局が日本時間10時に発表した10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比0.5ポイント低下の49.3と、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想を下回った。中国景気の先行き懸念が意識され、安川電など中国関連株に売りが出た。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7150億円、売買高は4億707万株だった。

塩野義SCSKファンケルが大幅高。資生堂ファストリ花王も上昇している。一方、コマツスクリンが下落。ナブテスコSUMCOも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム