2019年4月18日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,157,345億円
  • 東証2部 74,757億円
  • ジャスダック 91,292億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.16倍
株式益回り7.38%7.06%
配当利回り1.87% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,090.12 -187.85
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,110 -160

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「平野憲一の投資道場」[映像あり]

4月18日(木)14:20

他人iPS移植経過良好 安全性と効果確認[映像あり]

自民・萩生田氏 消費増税「6月短観次第で違う展開も」

4月18日(木)13:00

[PR]

国内株概況

東証10時 高値圏で堅調、景気敏感株に買い戻し

2017/8/31 10:31
保存
共有
印刷
その他

31日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は高値圏で堅調だ。前日比120円ほど高い1万9600円前半で推移している。為替の円安・ドル高を受け輸出関連株への買いが続いている。商社や鉄鋼株など景気敏感株が強い。

住友商三井物伊藤忠など商社株が総じて上昇。JFE神戸鋼など鉄鋼株の上昇も目立つ。31日付の日本経済新聞朝刊は資源価格が当面は安定しそうだと伝えており、資源関連株に買い安心感が出た。市場では「リスク回避局面で売られていた景気敏感株に買い戻しの動きが出ている」(国内の資産運用会社)との指摘があった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5529億円、売買高は4億9178万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1155と、全体の57%を占めた。値下がりは690、変わらずは171銘柄だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も高い。

SOMPOクボタが上げ幅を拡大。SUBARUファストリも一段高となった。三井住友FG積ハウス関西電も日中の高値圏で推移している。一方、アステラスや楽天は下げ幅を広げた。ANAHD大ガスも一段安となった。キリンHD三菱電が売られている。

一方、東証2部株価指数は続落している。時価総額の大きいシャープ東芝の下落が重荷となっている。半面、朝日インテク富士通コンラクトJが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム