時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,723,504億円
  • 東証2部 69,205億円
  • ジャスダック 102,338億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率21.46倍27.34倍
株式益回り4.65%3.65%
配当利回り1.84% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,756.37 -31.17
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,790 -10

[PR]

国内株概況

東証10時 上げ一服、「上昇のタイミング探っている段階」

2020/10/21 10:12
保存
共有
印刷
その他

21日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価の上昇は一服し、前日比80円ほど高い2万3600円台半ばで推移している。米国の追加経済対策を巡る協議には進展が見られたものの、実際に折り合いが付けられるか見届けたいとの見方もあり、上値追いには慎重だ。「日々、目まぐるしく投資テーマが変わっており、上げたセクターは翌日には売られるという展開の繰り返し」(国内運用会社)という状況も、持ち高を一方向に傾けにくくさせている。

市場では「中国経済の回復などを手掛かりに、株価が上昇するエネルギーが蓄積されている。上を目指すタイミングを探っている段階ではないか」(野村証券の小高貴久エクイティ・マーケット・ストラテジスト)との声もあがっている。プット(売る権利)の残高をコールの残高で割って算出するプット・コール・レシオは1.8前後まで低下しており、市場での先高観はじわりと高まっている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6156億円、売買高は3億2409万株だった。

宝HLDが高い。日製鋼日精工が上げている。日産自が買われた。一方、東宝が安い。アドテストスクリンが下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム