2019年6月17日(月)

6/17 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「あいつらの力を借りよう」(ルポ迫真)[有料会員限定]
  2. 2位: 出光興産に吹き付ける「ダイベストメント」の逆風[有料会員限定]
  3. 3位: 追い込まれる日銀、ちらつく追加利下げの劇薬[有料会員限定]
  4. 4位: 産業ガスメジャーに向かうマネー、大陽日酸は上場来高値[有料会員限定]
  5. 5位: 中国マネー、不動産投資が急減速 米1~3月、7割減[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,900,945億円
  • 東証2部 71,459億円
  • ジャスダック 86,922億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.84倍13.40倍
株式益回り7.22%7.46%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,084.58 -32.31
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,020 -10

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証10時 やや下げ渋る 下値で個人の買い

2019/5/21 10:14
保存
共有
印刷
その他

21日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り、前日比80円あまり安い2万1200円台前半で推移している。米中対立の激化による相場下落を見越した海外投資家などの株価指数先物への売りが続いている。一方で、個人投資家は値ごろ感に着目した買いを入れていることで、相場の下値を支えている。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で7001億円、売買高は3億9592万株だった。

5月1週(7~10日)の投資部門別株式売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と新興企業向け市場の合計)では、個人投資家が5週ぶりに大幅な買い越しとなっていた。「日経平均が2万1000円に接近する局面では個人の買い意欲が強い」(国内証券ストラテジスト)という。

太陽誘電スクリン三井金などが下落している。商船三井川崎汽が大幅安となっている半面、ファストリソフトバンクグループ(SBG)が上げている。スズキいすゞも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム