/

東証10時 小高い、機械受注を好感 内需株が堅調

11日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は小高い。前週末比80円ほど高い2万2700円台後半で推移している。4月の機械受注が市場予想から大幅に上振れ、自動化関連企業の株価を下支えしている。

内閣府が8時50分に発表した2018年4月の機械受注が市場予想を上回る伸びとなり、ファナックなどに買いが入っている。大和総研の前田和馬エコノミストは「世界経済や設備投資需要の堅調さがうかがえる数字だ。特に『はん用・生産用機械』の伸びが目立ち、ファクトリーオートメーション(FA)など自動化関連の業績の強さが続きそうだ」と指摘する。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で5754億円、売買高は3億7969万株だった。

小売り株などの内需関連株にも資金が流入し、セブン&アイイオンが年初来高値を付けた。ファストリも上げ幅を拡大した。一方、資生堂は下げ幅を広げている。日東電マツダが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン