/

東証10時 上値重い 金利低下で銀行に売り

10日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い。前週末比200円ほど高い2万1100円前後に伸び悩んでいる。米国のメキシコ関税見送りを好感した買いが引き続き優勢だが、徐々に戻り待ちの売りも増えている。米長期金利の低下を受け、追加緩和への思惑から国内でも金利が低下しており、収益が圧迫される銀行や保険株に売りが目立つ。「2万1000円台を一時回復し、目標達成とみた参加者の売りもみられる」(国内証券ストラテジスト)という。

10時現在の東証1部の売買代金は概算は5038億円、売買高は3億1601万株だった。

ファストリソフトバンクグループ(SBG)が高い。マツダトヨタなどの自動車株が買われているほか、東エレクTDKも堅調。半面、KDDINTTドコモソフトバンク(SB)が安い。千葉銀三菱UFJなども軟調だ。HISは大幅安となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン