6/5 0:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,118,534億円
  • 東証2部 65,818億円
  • ジャスダック 92,532億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率19.21倍24.28倍
株式益回り5.20%4.11%
配当利回り2.02% 1.33%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,695.74 +81.98
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,760 +30

[PR]

国内株概況

東証10時 軟調、一時100円超安 持ち高調整売り

2020/4/10 10:23
保存
共有
印刷
その他

10日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は軟調だ。前日比70円ほど安い1万9270円近辺で推移している。下げ幅は一時100円を超えた。米株高を手掛かりに買いが先行したものの、週末とあって持ち高調整目的の売りが出ている。

市場では「東京都を中心に国内で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、外出自粛の長期化で日本経済が落ち込むリスクが警戒されて投資家は積極的に買いを入れていない」(外資系運用会社のストラテジスト)との声が出ていた。

10日に算出を迎えた株価指数オプションとミニ日経平均先物4月物の特別清算指数(SQ)値は、QUICK試算で1万9577円48銭だった。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6927億円、売買高は4億472万株だった。

大和ディーエヌエスクリンが売られている。ファミマ国際石開帝石イオンも安い。一方、ファストリは一段高。富士フイルム三井住友FG三菱UFJは上げている。バンナムHDアステラスが上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム