/

東証10時 下げ渋る、米ダウ先物の売り一服 ソフトバンクG高い

20日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り、前日比140円ほど安い2万5400円台後半で推移している。米株価指数先物の売りが一服しており、日本株についても一方的に下値を模索する展開にはなっていない。米大統領選で、ジョージア州の得票再集計でもバイデン氏の優位が変わらなかったと伝わった。選挙を巡る混乱が深刻化しないとの見方も心理的な支えになっているようだ。

10時現在の東証1部の売買代金は概算で6081億円、売買高は3億375万株だった。

ファストリテルモ第一三共オリンパスが安い。一方、ソフトバンクグループ(SBG)、東エレクエムスリーなどハイテク関連の一角が上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン