11/28 12:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,786,647億円
  • 東証2部 68,796億円
  • ジャスダック 101,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.64倍27.38倍
株式益回り4.61%3.65%
配当利回り1.83% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,644.71 +107.40
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,630 +50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落、下げ幅200円に迫る ファナックなど大幅安

2020/7/29 9:25
保存
共有
印刷
その他

29日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ150円ほど安い2万2500円台前半で推移している。市場予想を下回る決算を発表した銘柄などに売りが出て指数を押し下げている。新型コロナウイルスの感染拡大が収まる気配を見せないことや、外国為替市場での円高進行も相場の重荷だ。一時、下げ幅は200円に迫った。

新型コロナウイルスの感染拡大による企業業績の悪化はある程度織り込まれていたものの、その想定を超えて苦戦する企業も出始めている。28日にファナックが発表した2021年3月期通期の見通しも市場予想に届かず、29日は大幅安で始まった。前日の米国株も市場予想を下回る決算が相次いだのを嫌気して下落しており、企業業績への警戒心は強まっているようだ。

28日に国内で確認された新型コロナの新規感染者数は過去最多となり、経済活動抑制の長期化に対する不安も強い。円相場が一時1ドル=104円台まで上昇し、輸出関連企業に採算悪化を懸念した売りも出ている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続落している。

前日に決算発表したキヤノン日産自が大幅安。リコーコニカミノル三菱自マツダも下落した。一方で、前日に市場予想を上回る決算を発表した東エレクは買われている。東ガス大ガスも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム