時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,821,515億円
  • 東証2部 66,066億円
  • ジャスダック 91,884億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.36倍20.78倍
株式益回り5.44%4.81%
配当利回り2.12% 1.84%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,195.38 +485.38
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,090 +330

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落 鉱工業生産指数の大幅低下も重荷

2020/5/29 9:22
保存
共有
印刷
その他

29日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ100円ほど安い2万1800円台近辺で推移している。中国の全国人民代表大会(全人代)が28日に反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を採択し、米中関係が一段と悪化するとの見方が売りを促した。

香港国家安全法をめぐっては米国が強く批判し、対中制裁に動くとみられている。トランプ米大統領が29日に対中政策に関する会見を開く見通しで、投資家心理を下向かせている。海運株や鉄鋼株など景気敏感株の下げが大きい。

日経平均は28日までの4営業日で1500円超上昇していたため、反動で利益確定売りが出やすい面もある。経産省が29日朝発表した4月の鉱工業生産指数速報値が前月比9.1%低下し、市場予想を大きく下回ったことも重荷だ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落している。

前日に決算を発表した日産自は売り気配で始まった。三菱自マツダも売られている。日本製鉄JFEも大幅に下落している。ニコンコニカミノルも安い。半面、大塚HD第一三共が買われている。ソニー富士通も上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム