2019年4月21日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,165,696億円
  • 東証2部 74,793億円
  • ジャスダック 91,194億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.56倍14.20倍
株式益回り7.37%7.03%
配当利回り1.86% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 小動き 利益確定売りが先行、上げる場面も

2018/11/9 9:29
保存
共有
印刷
その他

9日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小動き。前日比20円程度安い2万2400円台半ばを中心に推移している。前日の日経平均は400円超上昇しており、週末を控えた利益確定売りが先行した。半面、米利上げ観測を受けた米長期金利の上昇を背景に、外国為替市場で円相場が1ドル=114円台前半と円安に振れており、輸出関連株の支えとなっている。日経平均は小幅ながら上げに転じる場面もあった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も小動きとなっている。

8日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が下落した。米国がイラン産原油の禁輸の適用除外を一部の国に認めたことで需給が緩むとの見方が広がっており、JXTG国際石開帝石など石油関連株が安い。半面、日経平均への影響度が高いファストリソフトバンクが短期筋などの買いで上昇しており、相場全体を支えている。

株価指数オプション11月物などの特別清算指数(SQ)値の算出に絡んだ売買が膨らんでおり、QUICK試算で日経平均のSQ値は2万2469円47銭だった。

資生堂ファナックが下落している。KDDIセコムが安い。一方、第一三共アステラスが上昇している。スズキデンソーが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム