2019年3月20日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,157,975億円
  • 東証2部 76,573億円
  • ジャスダック 91,984億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.52倍14.11倍
株式益回り7.39%7.08%
配当利回り1.87% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,608.92 +42.07
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,430 +60

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、一時390円高 「5月まで米朝首脳会談」で一段高

2018/3/9 9:41
保存
共有
印刷
その他

9日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸している。米国発の貿易摩擦への懸念がやや後退し、8日の米株式相場が上昇。外国為替市場で円安・ドル高が進み、投資家心理が上向いた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長がトランプ米大統領に早期の首脳会談を要請し、トランプ氏が5月までに会談すると応じたと寄り付き後に伝わると、上げ幅を広げた。一時前日比390円程度高い2万1700円台後半を付けた。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も上昇している。

取引開始時点では、株価指数先物・オプション3月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う売買が膨らんだ。QUICKの試算ではSQ値は2万1575円45銭。

朝方に発表された経済指標への反応はいまのところ乏しい。

米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)の上昇を受けて東エレクが高い。トヨタ三菱UFJも上げている。ファストリも買われている。半面、武田が下げ、JTは軟調。神戸鋼は売られている。東邦鉛も下落している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム