2019年8月24日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落、米株安や円高嫌気 景気敏感株に売り

2019/7/18 9:29
保存
共有
印刷
その他

18日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ170円程度安い2万1200円台後半で推移している。米景気減速や米中貿易摩擦の長期化への警戒感から17日の米株式相場が下落した流れを引き継いだ。海運や非鉄、機械といった景気敏感株の下げが目立つ。外国為替市場で1ドル=107円台後半まで円高が進んだことも国内輸出企業の採算悪化懸念を誘っている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続落している。

米動画配信大手のネットフリックス株が決算発表を受けて17日の時間外取引で急落した。市場では「時価総額が大きい銘柄のため、投資家心理全般に影を落としている」(国内運用会社ストラテジスト)との声が聞かれた。

ソフトバンクグループ(SBG)やファストリファナックが安い。京セラアステラスキヤノンも下落している。半面、第一三共中外薬が高い。資生堂花王も堅調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。