時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 朝高後に下落、利益確定売り優勢

2019/11/18 9:32
保存
共有
印刷
その他

18日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は朝高後に下落し、前週末に比べ30円ほど安い2万3200円台後半で推移している。米中貿易協議の進展期待から前週末の米株式市場でダウ工業株30種平均をはじめ主要3指数がそろって過去最高値を更新し、東京市場でも朝方は買い先行で始まった。ただ、日経平均が年初来高値圏で推移するなか、利益確定売りも出てほどなく下げに転じた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落して始まった。

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が米中貿易協議について「合意に近づいている」と述べたのに続いて、ロス米商務長官も15日、「両国は詳細を詰めている」と発言したと伝わった。米中協議が早期に合意するとの期待から、ダウ工業株30種平均は節目の2万8000ドルを初めて上回り、東京市場でも朝方は好感する買いが入った。

セブン&アイ東芝が安い。第一生命HDT&Dなど保険株の下げも目立つ。東レ花王が売られた。一方、経営統合で基本合意書を締結したと発表したZHDLINEが高い。第一三共小野薬など医薬の上げも目立った。任天堂日電産が上昇し、ユニチャームHOYAが買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム