時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,553,749億円
  • 東証2部 75,180億円
  • ジャスダック 98,794億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.24倍16.02倍
株式益回り6.55%6.23%
配当利回り1.88% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,430.70 +76.30
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,440 +20

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、200円高 米中関税の段階撤廃方針受け

2019/11/8 9:30
保存
共有
印刷
その他

8日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ230円程度高い2万3500円台半ばで推移している。心理的節目の2万3500円を上回るのは、取引時間中として2018年10月10日以来およそ1年1カ月ぶり。中国政府が7日、米国との貿易協議で、発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で一致したと発表した。協議の進展期待から前日の米株式相場が上昇し、運用リスクを取る姿勢が強まっている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

自動車や海運、機械といった景気敏感株を中心に買いが入った。米長期金利が7日に3カ月ぶりの水準に上昇したことから利ざやの悪化懸念が和らいでおり、銀行や保険など金融株の上昇も目立つ。

テルモソフトバンクグループ(SBG)、トレンドが高い。キリンHDTDK京セラも上昇している。半面、資生堂バンナムHD花王が安い。中外薬第一三共菱地所も下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム