時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、米中協議進展で心理改善 利益確定売りも

2019/10/28 9:30
保存
共有
印刷
その他

28日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末に比べ70円ほど高い2万2800円台後半で推移している。前週末の米株式相場は市場予想を上回る決算や、貿易問題を巡る米中協議が進展したとの見方を受けて上昇。国内でも投資家心理が強気に傾いた。東証株価指数(TOPIX)も上昇、JPX日経インデックス400は一時下げる場面もあったがその後は切り返している。

米中が25日に貿易問題を巡って閣僚級の電話協議を開き、米通商代表部(USTR)が「いくつかの分野で完了に近づいている」と表明した。インテルの通期業績の上方修正などもあって、同日の米ダウ工業株30種平均は152ドル上昇しており、国内でも運用リスクをとる動きが優勢になっている。

もっとも日経平均は前週末まで5日続伸しており、高値警戒感も出ている。年初来高値圏にあり、2万2900円に近づくと利益確定を目的とした売りが上値を抑えている。

トランプ米大統領は27日、米軍が過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のアブバクル・バグダディ容疑者の殺害に成功したと発表したが、相場への影響は限られた。

スクリン東エレクなど半導体関連株の一角が上昇している。日精工ミネベアミツミも高い。前週末に4~9月期決算を発表した信越化は小動き。オリンパスや第一三共、セコムなどが安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム