2018年9月26日(水)

9/26 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均2万4000円台回復、市場関係者に聞く[有料会員限定]
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸、2万4000円台回復 海外勢の買いで年初来高値迫る
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,852,577億円
  • 東証2部 92,320億円
  • ジャスダック 103,086億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.48倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.59% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、中国関連安い JR西日本が下落

2018/6/18 9:29
保存
共有
印刷
その他

 18日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落した。下げ幅を100円超に拡大し、2万2700円台前半まで水準を切り下げる場面もあった。米国と中国の貿易摩擦が世界経済の停滞につながるとの懸念がくすぶり、目先の利益を確定する目的の売りにつながった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も売り先行で始まった。

 米政権が15日、中国の知的財産権侵害への制裁措置として、総額500億ドル(約5兆5000億円)分の中国製品に25%の追加関税を課すと発表した。中国はすぐさま米国製品に同額の報復関税を課すと発表し、対立が先鋭化している。東京市場ではコマツファナック安川電などいわゆる「中国関連銘柄」の下落が目立つ。

 午前8時前に大阪府北部で震度6弱の地震が発生し、投資に慎重なムードにつながった面もある。「地震被害の詳しい状況が分からず、買いを入れにくい」(国内運用会社の売買担当者)。

 朝方発表の5月の貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5783億円の赤字だった。赤字額はQUICKがまとめた民間予測の中央値(2500億円)を上回ったが、現時点では市場の反応は限られている。

 JR西日本関西電大ガスなど関西を事業基盤とする銘柄に値下がりが目立つ。三菱電が年初来安値を更新。東エレクSUMCOが売りに押されている。一方、任天堂が上昇。村田製は年初来高値をつけ、トヨタブレーキが上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム