2018年5月24日(木)

5/24 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 外為17時 円、一時109円台に上昇 独仏PMI悪化で買い
  2. 2位: IT株冷やす在庫増 相場の底流に警戒感[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続落 朝鮮半島情勢や円高警戒
  4. 4位: トルコリラ急落 ミセスワタナベの売り、逆張りとの攻防激化[有料会員限定]
  5. 5位: 新明和、「眠れる資産」に旧村上ファンドが注目か[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,763,840億円
  • 東証2部 100,267億円
  • ジャスダック 114,141億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.05倍15.49倍
株式益回り6.64%6.45%
配当利回り1.58% 1.61%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,689.74 -270.60
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,720 -240

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸180円高 米株高やGDP上方修正で安心感

2017/12/8 9:23
保存
共有
印刷
その他

 8日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ180円ほど高い2万2600円台後半で推移する。前日の米株高や円安進行が好感された。内閣府が8時50分に発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値が年率2.5%増と上方修正されたことも投資家の買い安心感が広がった。

 取引開始時点ではSQの算出に伴う売買が膨らんだ。QUICKの試算では日経平均のSQ値は2万2590円66銭で、SQに伴う売買は買い越しだったもよう。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに続伸している。業種別TOPIXは「医薬品」や「精密機器」が高い。「鉄鋼」や「情報・通信業」は安い。

 東エレク京セラHOYAが高い。三菱ケミHD富士フイルムが買われている。エーザイや武田が上昇している。NTTNTTドコモが売られている。新日鉄住金三菱重日電産は安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム