11/30 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 脱石油へ噴き出すアラブマネー 目指すはイスラエル[有料会員限定]
  2. 2位: 配当株狙う逆張り戦略 急騰相場、あえて乗らず[有料会員限定]
  3. 3位: ベトナム火力巡り三菱商事などに撤退要求 投資家連合[有料会員限定]
  4. 4位: 中国IT「BATH」、中国国内でハイテク供給網整備へ[有料会員限定]
  5. 5位: 弱いドル、理論値さらに安く 米「双子の赤字」膨張[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,786,647億円
  • 東証2部 68,796億円
  • ジャスダック 101,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率21.64倍27.38倍
株式益回り4.61%3.65%
配当利回り1.83% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,644.71 +107.40
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,630 +50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落し200円安 欧米のコロナ再拡大に警戒

2020/10/27 9:24
保存
共有
印刷
その他

27日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ200円ほど安い2万3300円近辺で推移している。欧米での新型コロナウイルスの感染急拡大への警戒から、前日の欧米株式相場が大幅に下落。この流れを受け、東京市場でも投資家のリスク回避姿勢が強まった。

米国では前週末に新型コロナの1日あたり感染者数が8万人を超え、7月の記録を上回って過去最多を更新した。欧州でも感染再拡大の勢いは止まらず、ドイツで小規模な都市封鎖を検討していると伝わった。経済活動に対する制限が再び強まり、世界的に景気が減速するとの懸念が広がった。

米追加経済対策を巡る与野党協議はいまだ合意に至っておらず、早期実現への期待が後退したことも相場の重荷となっている。国内では主要企業の決算発表が本格化するなか、業績が良好な銘柄の一角には利益確定売りが出ている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに続落。

富士電機日東電NTNが安い。前日に今期の営業利益を上方修正した日電産も下落している。一方、キヤノンキッコマン味の素などが買われている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム