7/10 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均終値は238円安 感染拡大警戒、全体の9割下落
  3. 3位: 株主提案へ賛成3割超 JR九州など9社で、統治に批判[有料会員限定]
  4. 4位: 島津製作所、PCRだけでないウィズコロナ銘柄の理由[有料会員限定]
  5. 5位: キッコーマン、「1強」の正念場 コロナが水差す海外戦略[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 下げ幅100円超 利益確定売り先行

2020/5/27 9:28
保存
共有
印刷
その他

27日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落している。下げ幅は一時100円を超え、2万1100円台半ばで推移している。前日までの2日間で900円近く上昇したため、利益確定目的や戻り待ちの売りが出ている。

トランプ米大統領は26日、中国が香港での反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の施行を強行すれば、週内にも強力な制裁をかす可能性を示唆した。米中対立が一段と深刻化するとの警戒感も投資家心理の重荷になっている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反落している。業種別のTOPIXは空運業や陸運業などが安い。半面、銀行業や海運業、鉄鋼は高い。

JR西日本ハウス東エレクは売られている。ANAHD、武田、住友不も安い。半面、第一生命HD三菱UFJファナックは買われている。クボタブリヂストンホンダも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム