時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落 利益確定の売り、地政学リスクも懸念

2020/6/17 9:31
保存
共有
印刷
その他

17日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ250円ほど安い2万2300円台前半で推移している。米政府による大型の経済対策への期待感から前日比1000円以上値上がりした前日の反動で、利益をいったん確定させようとする短期勢の売りが先行している。

新型コロナウイルスを巡り、中国や米国で新規感染者数が再び増加していることへの警戒感も強まっている。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は16日の議会証言で景気の不確実性への認識を示した。同日発表の5月の米小売売上高は市場予想を上回る結果だったものの、経済活動の再開が遅くなるとの懸念は依然としてくすぶっている。

北朝鮮が16日、開城(ケソン)の南北共同連絡事務所を爆破したことで、半島情勢の地政学リスクが高まるのではとの懸念も浮上し、投資心理を悪化させている。

財務省が17日発表した5月の貿易統計(速報、通関ベース)で、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は8334億円の赤字と、1兆円を超える貿易赤字になるとの民間予測より赤字幅は小さかった。相場への影響は限られている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落している。

マツダ日産自三菱自が売られている。JFE神戸鋼が下落し、板硝子日精工も下げている。一方、保有する米通信大手TモバイルUS株の3分の2を来週前半にも売却すると一部で報じられたソフトバンクグループが買われている。サイバーソニーは上昇し、中部電東ガスも上げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム