2018年5月24日(木)

5/24 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証後場寄り 下げ幅300円超、スズキや日産自が一段安
  2. 2位: 東証大引け、3日続落 252円安、米関税引き上げ検討や円高を嫌気
  3. 3位: 東証14時 安値圏で推移、保険や銀行が一段安
  4. 4位: 株300円安に迫る 貿易・北朝鮮・新興国の3重苦[有料会員限定]
  5. 5位: 東証前引け、続落 下げ幅300円に迫る、自動車など輸出関連安い
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,763,840億円
  • 東証2部 100,267億円
  • ジャスダック 114,141億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.36倍 --
株価収益率15.05倍15.49倍
株式益回り6.64%6.45%
配当利回り1.58% 1.61%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,437.01 -252.73
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,410 -310

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 上げ幅100円超 金融株が高い

2018/5/17 9:25
保存
共有
印刷
その他

 17日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日に比べ100円ほど高い2万2800円台前半で推移している。16日の米株高を好感した買いが先行している。米長期金利の上昇を受け、運用収益の改善期待から三菱UFJ三井住友FG第一生命HDなど金融株の上昇が目立っている。

 取引開始前に内閣府が発表した3月の機械受注統計で、民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比3.9%減と、QUICKがまとめた市場予想の中央値(3.5%減)をやや下回った。東海東京調査センターの武藤弘明チーフエコノミストは「設備投資関連の指標が弱含んでおり、景気はソフトパッチ(一時的な鈍化)の状況が長引きそう」と指摘した。もっとも、ファナックオークマなど設備投資関連銘柄への影響は限られている。

 HOYAアステラスが年初来高値を更新した。伊藤忠丸紅が上昇し、スズキマツダも高い。一方、住友不三井不は下落した。中部電も安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

17日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

新着記事一覧

読まれたコラム