2018年7月20日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,571,757億円
  • 東証2部 98,639億円
  • ジャスダック 104,235億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.59倍15.05倍
株式益回り6.85%6.64%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.88 -66.80
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,720 -70

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落後に上昇 ディフェンシブ銘柄に買い

2018/4/17 9:30
保存
共有
印刷
その他

 17日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小動きとなっている。前日終値近辺である2万1800円台前半で推移している。円安一服を嫌気した売りが一巡した後は、景気に業績が左右されにくいディフェンシブ銘柄や内需株に買いが入り、日経平均は取引開始直後に上げに転じた。

 JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は前日終値近辺での動きとなっている。米債券市場では2年物国債と10年物国債利回りの差が約10年半ぶりの狭さになった。運用環境の厳しさが増すとの警戒感から、三菱UFJなど銀行株に売りが出ているのが相場全体の重荷となっている。

 個別では2019年3月期の連結営業利益が前期推定比で1割弱増えると伝わったダイフクが安い。競合する米製薬会社が臨床試験で効果を確認したと発表し、小野薬が急落している。新日鉄住金楽天も安い。一方、明治HD東電HD千代建は上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム