時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,063,386億円
  • 東証2部 54,055億円
  • ジャスダック 71,682億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 0.96倍 --
株価収益率12.05倍13.24倍
株式益回り8.29%7.54%
配当利回り2.53% 2.53%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、米株上昇を好感 経済対策受け建設株高い

2019/12/6 9:32
保存
共有
印刷
その他

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ60円程度高い2万3300円台半ばで推移している。前日の米株式相場でダウ工業株30種平均など主要株価指数が小幅ながら上昇して終え、好感した買いが先行している。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

市場では、米中交渉の破談まで想定する投資家は少なく、「世界経済の底入れ期待を背景とした海外投資家による買いが続いている」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)との声が聞かれた。政府が5日夕に閣議決定した国や地方からの財政支出が13.2兆円となる経済対策も相場を支えている。公共投資の拡大による需要増が意識され、建設株などが物色されている。

エーザイ東エレクエムスリーが高い。アドテストダイキンキッコマンも上昇している。半面、塩野義ファストリ花王が安い。信越化や武田、オリンパスも下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム