2018年2月22日(木)

2/22 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米利上げ加速でも円高のなぜ[有料会員限定]
  2. 2位: 株反落、米金利高で往来相場続く 個人は「買える銘柄」探し[有料会員限定]
  3. 3位: リコー、一本足打法の見直し 資産効率の改善急ぐ[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 反落、米金利上昇で不安高まる アジア株安も重荷
  5. 5位: イエレン氏最後のFOMC 隠されたメッセージ(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,575,402億円
  • 東証2部 101,609億円
  • ジャスダック 116,168億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率17.36倍14.98倍
株式益回り5.75%6.67%
配当利回り1.48% 1.58%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,736.44 -234.37
日経平均先物(円)
大取,18/03月
21,660 -310

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落、2万2000円下回る 下げ幅一時900円超

2018/2/6 9:22
保存
共有
印刷
その他

一時900円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

一時900円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

 6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、前日に比べ930円ほど安い2万1700円台半ばで推移する。取引時間中に2万2000円を下回ったのは、昨年11月16日以来およそ3カ月ぶり。前日の米株急落の流れを引き継ぎ、日本株でもリスク回避目的から手じまい売りが殺到した。ファストリファナックソフトバンクといった日経平均への影響度が大きい値がさが株が売られ、3銘柄で株価指数を170円近く押し下げている。

 テクニカル分析面からは一段の下げを予測するとの声も多い。岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジストは「窓埋めとなる2017年10月20日の取引時間中の高値(2万1489円)が下値メドとして意識される」と話していた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はそれぞれ4%程度下落している。

 個別では任天堂ソニーみずほFGが売られた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム