2019年2月16日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,900.63 -239.08
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,900 -290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落、2万2000円下回る 下げ幅一時900円超

2018/2/6 9:22
保存
共有
印刷
その他

一時900円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

一時900円超下げた日経平均株価と2万4345ドルで終えたダウ工業株30種平均(6日午前、東京都中央区)

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、前日に比べ930円ほど安い2万1700円台半ばで推移する。取引時間中に2万2000円を下回ったのは、昨年11月16日以来およそ3カ月ぶり。前日の米株急落の流れを引き継ぎ、日本株でもリスク回避目的から手じまい売りが殺到した。ファストリファナックソフトバンクといった日経平均への影響度が大きい値がさが株が売られ、3銘柄で株価指数を170円近く押し下げている。

テクニカル分析面からは一段の下げを予測するとの声も多い。岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジストは「窓埋めとなる2017年10月20日の取引時間中の高値(2万1489円)が下値メドとして意識される」と話していた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はそれぞれ4%程度下落している。

個別では任天堂ソニーみずほFGが売られた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム