2019年2月18日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,126,790億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 89,541億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率13.45倍13.84倍
株式益回り7.43%7.22%
配当利回り1.88% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.85 +381.22
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 +400

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き、続落 円高を警戒 トヨタやファストリが下落

2017/1/6 9:33
保存
共有
印刷
その他

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ130円ほど安い1万9300円台後半で推移している。外国為替市場での円高進行により、主力株中心に輸出採算の悪化を警戒した売りが先行している。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反落して始まった。

業種別TOPIXでは輸送用機器が下落している。5日の米国株市場では米金利低下をきっかけに利ざやの改善期待が低下し金融株が売られた。日本市場でもこの流れを受け保険や証券、銀行が売られている。

トランプ次期米大統領からメキシコ工場新設について「ありえない」とのネット投稿があったトヨタは売り気配で始まり、下落率は一時、前日比3%を超える場面があった。2016年12月の国内既存店売上高が前年同月に比べ減少したファストリは安い。JFE新日鉄住金は下落し、三菱重住友電が下げている。

半面、経営統合を目指した同業の完全子会社化を断念したDCMは大幅高となった。資生堂味の素は上昇している。キーエンスソフトバンクなども高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム