10/1 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,208,896億円
  • 東証2部 67,064億円
  • ジャスダック 98,307億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.63倍24.93倍
株式益回り5.09%4.01%
配当利回り1.93% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,184.93 -0.19
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,320 +140

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 朝安後に上げに転じる、米株先物が上昇

2020/8/6 9:40
保存
共有
印刷
その他

6日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は下げて始まった後、上昇に転じた。前日に比べ60円ほど高い2万2500円台後半で推移している。2020年4~6月期の決算発表が本格化するなか、ホンダなど業績が悪化した銘柄に売りが先行したが、米株価指数先物が上昇し、投資家心理を支えた。

トヨタ任天堂などの決算発表を6日に控え、投資家の様子見ムードも漂っており、相場全体の値動きはいまのところ限定的。

前日の米株式市場では新型コロナウイルスのワクチン開発期待で、ダウ工業株30種平均が前日比373ドル高と続伸した。一方、フィラデルフィア半導体株指数は小幅に下落しており、東エレクアドテストなど半導体関連には持ち高調整売りが出ている。20年6月期決算を発表した半導体製造装置のレーザーテクの下げも半導体関連銘柄の重荷になっている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小動き。

ユニチャームファナックキッコマンが下落している。JR東日本キリンHDOLCが売られている。半面、オリンパスいすゞオリックスが高い。住友鉱国際石開帝石伊藤忠が上昇している。ディーエヌエには買い注文が集まっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム