時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,921,476億円
  • 東証2部 67,671億円
  • ジャスダック 90,263億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.66倍20.61倍
株式益回り5.35%4.85%
配当利回り2.09% 1.62%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,306.48 +160.52
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,280 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 一進一退、通信や医薬品に買い 経済停滞懸念は重荷

2020/4/6 9:22
保存
共有
印刷
その他

6日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は前週末の終値(1万7820円)を挟んで一進一退となっている。新型コロナウイルスの影響によるテレワークの拡大が追い風になると期待される通信株や医薬品などを中心に買いが入り、相場を支えている。

国内外の経済停滞懸念は重荷だ。前週末に発表された3月の米雇用統計で非農業部門の就業者数が9年半ぶりに減少に転じ、好調だった米雇用環境が新型コロナウイルスの影響で曲がり角を迎えたとの警戒感が意識されている。国内でも東京都で感染者が急増するなど厳しい状況が続くなか「緊急事態宣言」が近く出されるとの見方が広がっている。経済停滞が雇用の冷え込みにつながるとの懸念もあり、買いを見送る国内投資家は多い。

サウジアラビアとロシアによる原油の減産観測に懐疑的な見方が強く、原油先物相場の先高感が乏しいのも株価の重荷になっている。ニューヨーク原油先物相場は日本時間6日朝方の時間外取引で1バレル26ドル台と、前週末の清算値(28.34ドル)から下落している。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小動き。

KDDI第一三共中外薬が高い。一方、ファストリソフトバンクグループ(SBG)が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム