時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,420,362億円
  • 東証2部 58,002億円
  • ジャスダック 77,609億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.02倍 --
株価収益率12.89倍14.19倍
株式益回り7.75%7.04%
配当利回り2.34% 2.34%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,464.86 +119.09
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,440 -50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 大幅続落、400円超安 米イラン緊迫で売り優勢

2020/1/6 9:27
保存
共有
印刷
その他

東京株式市場の2020年初めての取引となる6日の大発会で、日経平均株価は大幅に続落し、前営業日に比べ400円超安い2万3200円台半ばで推移している。米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害を受け、両国の対立が激化するとの懸念から運用リスクを回避する目的の売りが広がっている。東京外国為替市場で円相場が1ドル=107円台後半と、円高・ドル安に振れていることも投資家心理の重荷となった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も大幅に続落して始まった。

米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害を巡り、報復をちらつかせるイランに対し、米国は重要施設など52カ所への反撃を警告している。米国務省のオルタガス報道官は5日の声明で、イラク議会が米軍を念頭に外国部隊の撤収を求める決議案を可決したことについて「失望した」と表明した。米国の単独主義に対する疑念から中国やロシアなども巻き込んで国際的な問題に発展しかねないとの見方も浮上し、運用リスクを回避する動きが強まっている。3日発表の米サプライマネジメント協会(ISM)の2019年12月の製造業景況感指数が約10年半ぶりの低水準となったことも売りを促した。

ファストリソフトバンクグループファミマなど値がさ株の一角が売られている。日東電JFEデンソーの下げが目立つ。小野薬セブン&アイ第一生命HDも下げている。半面、JXTGや国際石開帝石が高い。菱地所三井不も買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム