時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 小反発、米株高値圏を好感 円高重荷で一時下げ

2019/11/15 9:31
保存
共有
印刷
その他

15日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小反発し、前日に比べ10円ほど高い2万3100円台半ばで推移している。14日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小幅ながら上昇し過去最高値を更新。ダウ工業株30種平均も最高値圏にあり、好感した買いが先行した。ただ円相場は1ドル=108円台半ばと円高・ドル安に振れており、輸出関連株への重荷となって日経平均は下げに転じる場面もある。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も小反発で始まった。業種別日経平均では水産や医薬品が上昇。鉱業や銀行が下落している。

米中貿易協議を巡り、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版が、両国による「第1段階」の合意の取りまとめが難航していると報じた。その後、米メディアが日本時間15日朝、米中協議での合意について「近づいている」などとするクドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言を伝えた。強弱相半ばする材料が出ていることで、いずれか一方にポジションを傾ける動きは鈍い。

電通日本郵政、武田が上昇。三井化学住友化が高い。一方、ZHDは反落。LINEも横ばいで始まった後、売りがかさんでいる。アドテスト東海カが安く、出光興産が下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム