7/11 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ反発369ドル高 コロナ治療薬の進展期待で
  2. 2位: 気候変動リスク、企業の「負債」に 数値化が課題[有料会員限定]
  3. 3位: 米で木材価格が急騰、4月から2倍 コロナでDIY特需
  4. 4位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  5. 5位: ESGが演出するハイテク株への集中買い(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、高値警戒感強く 下値では押し目買いも

2020/6/5 9:29
保存
共有
印刷
その他

5日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ50円ほど安い2万2600円台半ばで推移している。最近の上昇ピッチが速かったため、きょうは反動で利益確定売りが優勢だ。下げ幅は一時130円を超えた。

日経平均は今週に入ってから前日までの4営業日で800円超上昇。その前の週も1500円近く上昇しており、相場の過熱感を示す指標が増えていた。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が小幅高にとどまったこともあり、投資家のリスクをとる姿勢がやや後退して売りが先行した。心理的な節目の2万3000円を前に利益確定売りが出やすい面もある。

4日には東京都で新たに新型コロナウイルスの感染者が28人確認された。経済活動が徐々に再開するなか、感染者数が再び増加の兆しを見せているのも重荷だ。

一方、下値では押し目買いも入っている。欧州中央銀行(ECB)は4日の理事会で、3月に新設した7500億ユーロ(約90兆円)の資産買い取り枠について、1兆3500億ユーロへの拡大を決定した。市場予想を上回る規模で、期限も2021年6月末まで半年延長した。大規模な金融緩和の長期化が投資家心理の支えになっている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落している。

ZHDサイバー大日本住友第一三共が売られている。ファミマリクルート東ガス大ガスも安い。一方でT&Dや第一生命が買われている。日本製鉄JFEも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム