2019年8月25日(日)

8/25 5:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,741,290億円
  • 東証2部 67,983億円
  • ジャスダック 86,195億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.35倍13.19倍
株式益回り7.48%7.58%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸 上げ幅一時100円超、景気敏感株に買い

2019/4/5 9:34
保存
共有
印刷
その他

5日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まった。一時2万1800円台に乗せ、前日からの上げ幅は100円を超えた。貿易問題を巡る米中協議が合意に近づいているとの期待から投資家心理が改善し、景気敏感株を中心に買いが入った。日経平均が約1カ月ぶりの高値圏とあって海外投資家などから利益確定を目的とした売りも出て、上値は限られている。

トランプ米大統領は4日、貿易協議のために訪米した中国の劉鶴副首相と会談。中国と合意できた場合は首脳会談を開くと改めて表明したうえで「(その可能性は)今後4週間以内に分かるだろう」との認識を示した。日本時間5日朝には海外メディアが中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席も早期の交渉妥結を求めていると報じたことも米中合意への期待を高め、海運や機械、電気機器などへの買いにつながった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は上昇している。

東エレク日立建機川崎汽が高い。ファストリテルモも上昇している。一方、4日に2020年2月期の連結業績見通しを公表したセブン&アイが下落。中外薬リクルートも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。