2019年6月20日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,928,917億円
  • 東証2部 70,712億円
  • ジャスダック 86,600億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.90倍13.46倍
株式益回り7.19%7.42%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,462.86 +128.99
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,400 +130

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

#20「花王が初のESG戦略 『容器革命』欧米でも標準化狙う」[映像あり]

6月20日(木)13:20

トップに聞く[映像あり]

日本郵政 社長 長門 正貢

6月20日(木)09:50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸 米ハイテク株高を好感 日電産は上昇

2019/4/24 9:28
保存
共有
印刷
その他

24日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まった。前日に比べ60円ほど高い2万2320円近辺と、17日に付けた年初来高値(2万2277円)を上回る水準で推移している。前日の米株式市場で好決算を手掛かりにハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数などが最高値を更新。投資家が運用リスクを取る動きを強め、日本株にも好感した買いが先行した。

前日は国民皆保険制度の導入への思惑から下げが目立っていた米ヘルスケア関連株が上昇した。東京市場でも連れ安していた医薬品株への買いが目立ち、相場全体を下支えしている。寄り付き直後に日経平均は上げ幅を100円超まで広げる場面があったものの、日本の10連休や主要企業の2019年3月期決算の発表などを控えて上値では利益確定目的の売りが出ている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は上昇している。

2020年3月期の連結純利益が過去最高になるとの見通しを発表した日電産は上昇している。ソフトバンクグループ(SBG)やファストリ任天堂も高い。一方、野村日揮日産自が安い。コーセー三井住友トラも下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム